2007年06月07日

スカイダイビング!!

私が、NZ生活で必ず!やろうと決めてた1位と言ってもいいでしょう。
今日はスカイダイビングをやった時のことを、写真も合わせて書いてみます。
今更ですが。。。今後、マイペースにNZ回想記やっていきます。

-----------------------------------------------------------------------------

2005年11月27日。 Christchurchにて。


まずは9時半にcity中心部に集合して、AIR FORCE MUSEUM
(以前空港として使ってた場所)に移動。
車で約10分かな?車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
その間に契約書に記入します。ペン内容は、「万が一不測の事態が
起きても同意の上です」
ってことあせあせ(飛び散る汗)
そんなようなことがこと細かく書いてありました。
まぁ、要はアレですよ。何があっても同意の上です、ってコトだね。

この時間が一番ナーバスでしたね〜〜。帰りたかったわぁ...。

目的地に着くと、まずはSKYDIVINGのDVD(広告用VTRみたいの)を5分程鑑賞。
どんなもんなのかが分かり、3人揃ってビクビクする。
受付のおねーさんに「どうだった?」と聞かれ、「So scary!!!!がく〜(落胆した顔)」と答えたのは
ワタシ(笑)。すかさず、「コワくないわよ(^○^)」って言われたけど。



いやいやいや...!!!!!お、おねーさんっ!!!!(@Д@;



本来なら、ここでダイビング中の注意などを受けるはずなのですが、
天候が悪い曇り曇り曇りため、天気待ち。
私達の前に、すでに3組天候待ちしてる人たちがいたのです。
その間、壁にはってある写真を見たり、写真撮ったり、おしゃべりしたり。
この時点ではそんなにドキドキしてなかったかな。わりかし平常心でしたよ。
友達はめっちゃトイレ行ってたけどトイレ


2時間くらい待ったらようやく雲が流れたので、先にダイブ中の注意を受ける。

エビゾリ

これ、重要ポイントです。重要すぎるのでこの言葉だけ日本語。
落ちる瞬間は胸の前でお祈りするようなポーズ。
インストラクターの人に腕をポンポンと叩かれたら、常にエビゾリで。
顔は上向いて、体反って、足も後ろに反る。
腕はひじを曲げて広げる。
エビゾリです。バナナです(笑)。


注意はそれだけ。
私がやったのはタンデムといって、後ろにインストラクターの人がついてるスタイルなので
私はこのポーズを取るだけで、あとは全てインストラクターがやってくれます。

その注意を受けたら今度はダイブスーツを着て、体中にベルトみたいのを
セットします。これが命綱みたいなもんだからね、しっかり絞めてもらいます手(チョキ)

絞めてもらってるうちに、私と一緒に飛んでくれるインストラクターが来て
自己紹介、そしてインストラクターが直接ベルトをチェック。


そしてついに私達の番が〜!!

続きを読む
posted by まき at 00:04| Comment(2) | NZ-回想(旅行)記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

NZシーライオン

帰国して随分経ちますが(笑)、ぼちぼち、NZの思い出を記していこうと
思います。
気が向いた時になるので、気は長く持ってね(笑)

今日は、動画アップに初挑戦してみたいと思います。
どきどき・・・



ニュージーランドシーライオンと言って、「世界で5種類いるシーライオン
の中で、もっとっ珍しく、NZ固有種である。
シーライオンはオットセイと異なり社交的で、仲間同士仲も良い。
大人のオスは、全長約3m、体重約400kgにまで及び、およそ
25年生きることが出来る。」
とのこと。
とは言っても、予想外の行動を取ることがあるから、近くにいるときは
危害を与えないよう注意してくださいとの注意書きがあるけどね。

これは、ロイヤルアルバトラス、シーライオン、イエローアイドペンギン、
アザラシを観察しよう、っていうツアーなんだけどね。
現地のツアーに参加しました。
私が参加した日は、確か15人くらいだったかな?
欧米の人達が10人弱で、アジア人が6人くらい。
英語が母国語じゃなくても、やっぱ欧米人の方が英語慣れ(?)
してます。同じスピードじゃ、とっても着いていけん。。。
このツアーでは、ガイドさんが二人いて、観察も
2チームに分かれるのです。
欧米人チームと、アジア人チーム。
アジア人チームのガイドさんは、うちらにも分かりやすいように、
ゆっくり解説してくれます。
アジア人チームは、日本人の女の子一人と、台湾人のグループで
4人くらいだったかな?
一応、わかったつもり(笑)です。


ダニーデンから、車で1時間ほどのオタゴ半島というところでみれます。
posted by まき at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NZ-回想(旅行)記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。